足場シートのお陰で建築作業の効率化が図れる

足場シートの利便性を確認!安全対策として必要不可欠

Building site

足場シートがあれば作業もスムーズに進む

足場シートのメリットは飛来物や落下物の防止をすることができる点です。危険と隣り合わせの現場では、小さなネジ1本でも大惨事を招く可能性があります。そんな緊張する現場にて緊張を和らげ、配慮を最小限に留めることによって作業がスムーズにいく可能性が高まります。防音や防炎効果があるシートでも周囲への配慮も必要な現場もあるため、用途に合わせたシートを利用することは対策として重要です。

建築現場に欠かせないもの・ベスト5

no.1

安全対策としてヘルメットや高所用ハーネス

安全対策としてヘルメットや高所用のハーネスは必須です。ヘルメットには、飛来・落下物用や墜落時の保護用、電気用と規格が定められています。ハーネスにはパラシュートなどに使われているベルトが使われていて、墜落してしまっときの衝撃を分散して身体を守る働きがあります。

no.2

手や足を守るアイテム

工事現場では靴一つでも安全対策としては必需品です。安全靴では物が落下してきても足を守り、足袋は滑りに強いものを選ぶことが身を守ります。手袋は布製のものから、滑りにくくグリップ力と強靭性があるものまで種類が豊富にあります。合ったものを選んでいくことが大切ですが、身体を守るものです。検討しながら選んでいきます。

no.3

工具箱を使って整理整頓

工具箱は工事現場では欠かすことができません。工具は種類豊富にありますが、バラバラになっているといつトラブルに繋がるかわかりません。整理整頓することは建設現場や解体現場では欠かすことができません。使わない工具を片付けできるように工具箱を用意しておきます。

no.4

資材を加工する時に使う工具

現場では加工工具は資材を加工するときに使うために使用します。ナットやボルトを回転させて締め付ける工具や六角付きボルトや止めネジなど締め付けたりゆるめるレンチなど大切な工具です。のこぎりなども加工工具に含まれますが、手動だけでなくい電動式など幅広いのこぎりが揃っています。

no.5

家庭でも使えるシステムドライバー

システムドライバーは、先端を変えるだけで、プラス・マイナスドライバーとして使うことができるだけでなく、六角レンチなどにも使うことができます。使用時には先端部分を選んで合わせると使いたい先端が現れ、しっかり固定されているため普通のドライバーとしても使うことができます。使わないときには収納しておくと握り部分だけとなって安全です。
現場だけでなく、家庭でも使える優れものです。

足場シートのお陰で建築作業の効率化が図れる

建設現場

足場に使われるメッシュシートは主に二種類

メッシュシートには大きく分けて2種類
・1類・・・シートだけで飛来落下物を防ぐ
・2類・・・シートと金網などで飛来落下物を防ぐ
強度は1種の方が強く、落下防止をしっかりしているのであれば、2種の利用でも可能ですができれば1種の方がおすすめです。
新しく建てる場合や解体現場では1種の利用を、改修工事で内容によっては2類だけでも可能な場合があります。

防音や防炎に効果がある

防音シート解体現場では良く使われています。色は銀または黒で厚さ0.5~1ミリ程度あり、防音効果を発揮するため騒音が出やすい現場にて活躍します。防炎シートはとくに大きな建物・鉄筋コンクリートの解体現場などで使われています。大きな建物の解体にはガスや電気での溶断を行っていて火花が発生し、火災へと繋がってしまうため防火対策として活用されています。

価格が大きく変わる?サイズをチェック

足場シートに素材と用途、色からデザインなどがありますがサイズによっても値段が異なります。価格は大きさだけでなく、数量によっても異なり、業者への確認が必要となります。購入数量の枚数が多くなるほど1枚当たりの割引率があがります。予算の都合がつくようでしたら、まとめて購入するとお得に入手することができます。

長持ちするものを選べばコスト削減に繋がる

価格が安いものよりも高い素材の方が長く使うことができるため、結果コスト削減に繋がります。導入するときには纏まった費用がかかりますが、長く使う場合にはコストをかけることも検討することが必要です。また、丁寧に扱うことによって劣化を防ぐことができます。ボロボロの足場シートでは見栄えも悪くなるため、丁寧に扱うことがコスト削減に繋げることができます。

広告募集中